フランチャイズとは?

フランチャイズという言葉を聞いたことがありますか?FC募集という広告を見たことがあるのではないでしょうか。
FCとはフランチャイズのことです。
フランチャイズとはどんなものでしょうか。

まず、フランチャイズ(FC)とは、商売の一形態であり、事業展開の方式のひとつです。
フランチャイズ事業者本部が、事業を展開するため、加盟店と契約をしてある一定地域で独占販売権を与えて事業をする方式のことです。
この商売の形式はアメリカで発展していました。

ここで、フランチャイズ事業者本部のことをフランチャイザーといい、加盟店のことをフランチャイジーと呼ぶことも押さえておきましょう。

フランチャイザーは、ビジネスモデルや資材などを提供する側であり、フランチャイジーは、それらを受ける側です。
双方が契約を取り交わし事業を拡大していくのがフランチャイズ契約です。

フランチャイズ契約を結んだら、フランチャイザーとフランチャイジーの双方には、権利と義務が発生します。
フランチャイザーの義務は、フランチャイジーにサポートをすることであり、フランチャイジーの義務は、その見返りとして加盟金やロイヤルティをフランチャイザーに支払うことです。

このフランチャイズをビジネス展開している業種はたくさんありますが、多いのは、小売店(コンビニエンスストアなど)、外食産業(ラーメン店やファーストフード)、不動産業があげられます。
よくみてみると、フランチャイズ契約をしているお店は周囲に点在していますね。


<管理人特選サイト>
フランチャイズ契約をして自分で開業したい方を募集しているサイトです → フランチャイズ 開業

Copyright © 2014 フランチャイズを知る All Rights Reserved.